HOME  > みんパゴコラム  > パークゴルフクラブの重量と怪我

みんパゴコラム

パークゴルフクラブの重量と怪我

2016年10月6日

ハニカミ王子こと、プロゴルファー石川 遼選手が今年の夏、日本ツアーにスポット参戦していきなり優勝、翌週は2位と好成績をあげていました。
 
全米ツアーでもなかなか成績が上がらない状態が続いていたのに、どうしたんだろうと思っていたら、腰痛と股間節痛に悩まされていたそうで、アメリカでは今一つ成績が伸び悩んでいたみたいですね。
 
しかし、最近その腰痛、股間節痛が改善されきているみたいで、日本ツアーの好成績につながったみたいです。
 
さて、その腰痛と股間節痛の原因となっていのが、重たいクラブを使っていたためだそうです。
 
実はそのクラブの重量が日本人より体格の良い海外選手よりも重たいクラブを使っていたそうで、アメリカツアーを戦うために、強い弾道のショットを打つために、身体に無理が掛るのを承知で使っていたそうですが、結局無理がたたって、腰と股間節の故障という結果になってしまったみたいです。
 
いまは、欧米の体格の良い選手でも、軽量のクラブを使う傾向らしいので、きっと見直したんでしょうね。
 
さてさて、この様な話をコラムに書いたのは、パークゴルフでも、腰痛や股間節痛に悩まされているプレーヤーさんが多いと思うからなのですが、パークゴルフクラブを選ぶ時の基準が以前は、男性は550g、女性は530gのクラブというような選び方をしていましが、ホンマゴルフやミズノ、ニッタクスなどの最近のクラブは530g前後と以前と比べて20~30g程度軽くなってきていますよね。
 
それでも、500gを超えるクラブを振るのは、身体への負担は大きいだろうと思います。
 
特に、毎日のようにパークゴルフを楽しまれるプレーヤーさんは十分に気を付けた方がいいと思います。
 
やりすぎにも注意が必要ですね、パークゴルフは健康増進効果がうたわれていますが、若い石川選手でも、重たいクラブを使うことで 怪我をしていますので、十分に注意をして欲しいものです。
 
また、クラブ選びも、クラブのバランス、例えば軽いクラブでも、ヘッドの方に重心が寄っている低重心クラブなら、軽さをあまり感じませんし、逆に重たいクラブでも、重心の高いクラブはクラブが軽く感じたりと、単純に重さだけでクラブを選ぶことは避けた方がいいと、この頃、強く思うようになってきました。
 
腰痛や股間節痛のほか、関節痛などでパークゴルフを思い切り楽しめないという方は、現在使っているクラブが重たすぎることが原因かもしれませんので、一度クラブを選び直してみるのも良いかもしれません。

コメント

コメントを書く

コメントの投稿には「みんパゴ!クラブ」へのログインが必要です。

コラム一覧に戻る

スポンサードリンク
  • スポンサードリンク
  • みんパゴSHOP
  • 質問箱
  • みんパゴへの情報提供
  • パートナーコース