HOME >  質問箱  >  皆さんの経験を聞かせてください。

皆さんの経験を聞かせてください。

2017年04月17日 19:16

解決済み
パークを始めて4年目の私ですが。今の一番の悩みは、ロングからパターまで含めた全てのショットにおいて、クラブのスイートスポットで捕らえて打ているのが、3割くらいです(>_<)距離や方向のブレは、さておき、常にスイートスポットで打てる様になるには、やはり経験を積むことと練習量しかないのでしょうか!?経験豊富な皆さんの経験を聞かせてください。(^^)

この質問への回答

レンギョウさん

レンギョウさん

やはり打ち込み練習しかないのでは。
我がコースにはショットとパットの練習場が有りますから皆さんそこで打ち込んで調整をしています。
在り来りですみません。

解決!
マンブさん

マンブさん

色々原因がありますよ。
ボールの置き位置、スタンス、構え方、バックスイング、身体の力み方、
手首、グリップの握る力加減。
スイングの基本形ができているなら、スイートスポットを外す原因は大抵、腕の力み、グリップの力みが原因のことが多いですね。
構えている時はリラックスしているのに、インパクトの瞬間に思わず力んでしまうとか、
力加減が変わると大抵外します。
思い切り脱力した状態で構えてその力み加減でショットを打つのがベストですね。

解決!
hokuto_bearさん

hokuto_bearさん

私は練習を積むしか解決の方法はないと思います。
いくら理論で分かっても、体にしみ込ませなければ 試合では理論は使えないと言うことです。

数多く打ち、自分の体に 良い打ち方を馴染ませる。

ロング・・・揚げる打ち方・ライナー・転がし打ちで 理想のラインを追い求める。
アプローチ・・揚げて近づける・転がして近づける・頭打ちして近づける方法を身につける。
パター・・右回転パター・左回転パター・純正立て転がりパター・ストップするパターを身につけます。

打つ・近づける・入れる・・・です。

数多く練習していると、何も考えないでも 3つで入るようになります。

解決!
ヒロッペさん

ヒロッペさん

経験上ですが やはりスイングの理論を真剣に考えた方が良いかもしれません。それでもって ショットの練習をすることです。何にも考えずにショットの練習を積んでも時間的に勿体無いと思います。理論を学んで その上で 頭の中で納得して そして 動作の練習を積むことで (上手く打てるイメージ)を体に覚えさせることが早道です。

解決!

回答を書く

回答の投稿には「みんパゴ!クラブ」へのログインが必要です。

質問箱の一覧に戻る

スポンサードリンク
  • スポンサードリンク
  • みんパゴSHOP
  • 質問箱
  • みんパゴへの情報提供
  • パートナーコース