HOME >  質問箱  >  ペナルティーになるプレーをしようとしているとき

ペナルティーになるプレーをしようとしているとき

2017年10月16日 20:03

解決済み
ネットに近い球を打とうとしてネットを体で押しているとき、打ったらペナルティーになると先に言って止めさせて、ネットに触れないでプレーしたひとがいたばあい。
1.先に教える事がルール上問題がないかどうか
2.打つ前に止めたのでペナルティー無しで良いか
判断に迷って指摘を躊躇したので、どうすれば良かったのか教えてください。

この質問への回答

マンブさん

マンブさん

1、の先に教えるのはルール上問題はナシ。 

2、ネットに近い球を打とうとしてネットを身体で押した時点でペナルティーの判断をされても仕方が無いケースだと思いますが、
厳密には、ショットをするのに有利な状況を作り出した(ライが改善された)のなら、ペナルティーという判断だと思います。 (ネットが明らかにズレてスペースが作られた)とか、それ以外は、ネットに触れて打たない限り、ノーペナの判断をすることが多いと思います。

結構微妙な問題なので、プレー中、プレーに影響がある範囲の障害物は安易に触らないことをが大事だと思います。

解決!
hokuto_bearさん

hokuto_bearさん

ペナルティーの前に助言して止めたのですから、ペナルティーにはなりません。

打つ方向や 打つ強さ等 教えないことになっていますが、この場合の事前の助言はOKです。

回答を書く

回答の投稿には「みんパゴ!クラブ」へのログインが必要です。

質問箱の一覧に戻る

スポンサードリンク
  • みんパゴ!て何?
  • スポンサードリンク
  • みんパゴ!クラブ

    メンバーログイン

    ログインメールアドレス
    パスワードを忘れた

    登録

  • パーク基礎講座
  • スポンサードリンク
  • みんパゴSHOP
  • 質問箱
  • みんパゴへの情報提供
  • パートナーコース
  • ルール問答集