HOME  > みんパゴコラム  > 厳しい現実かも

みんパゴコラム

厳しい現実かも

2017年12月15日

10年にわたってパークゴルフイベントを北海道、東北、千葉県で実施しているが、
 
過去10年間の年代別参加者構成比を調べてみると、千葉県で開催している
 
大会だけ、参加者の平均年齢が年を追うごとに高齢化している現実が見えてきた。
 
つまり次世代愛好者である、50代、60代で参加される方が減少しているのだ。
 
北海道、東北については、最高齢が高くなってきているのだが、
 
30代~50代の参加者が安定的に微増しており、参加者の中心世代が60代なのに対し、
 
千葉県では70代が中心世代で、60代、50代の参加率が極端に低いのだ。
 
つまり、千葉県では、あと10年程度でパークゴルフ愛好者が極端に減少
 
するのではと懸念される。
 
関東圏では気軽に出来る場所にパークゴルフコースが無いというのも
 
大きな要因だと思われる。
 
北海道では、いたるところにコースがあり、生涯スポーツとしてパークゴルフは
 
メジャーなスポーツとして認知されているが、
 
人口が多い都市圏の関東地域ではウォーキングやランニングの方が
 
より気軽に出来るだろう。
 
パークゴルフ場を作れる立地条件を考えると、この先パークゴルフ愛好者を
 
関東圏で増やすのは、現実的にかなり厳しい状況ではないかと思う。
 
 

コメント

さんぺいさん

さんぺいさん 2017年12月16日 16:03

四国でもパークゴルフのプレイヤー人口は高齢化が進むばかりで、目に見えて減少しています。一方で若い層の参加はほとんどない。10年後といわず、数年で月例会も開催できないようになる。そうなるとますますやめてしまう人が増えて閉鎖となるのは目に見えているように思います。
何とか将来に夢の持てるパークゴルフにするにはと考えてはみても、いい案は浮かばず、また一人ではどうすることもできないのが現状です。
いい空気を吸いながら、やわらかい芝の上を歩くことで健康に役立ち、多くの新たな友を得られることを多くの人に認知してもらうにはNPGA、自治体などの公の普及活動が不可欠です。
TVや新聞などを通してのアピール、楽しさが伝わる普及動画の作成を期待しています。

1件中1件~1件
表示件数: 10 20 30

コメントを書く

コメントの投稿には「みんパゴ!クラブ」へのログインが必要です。

コラム一覧に戻る

スポンサードリンク
  • みんパゴ!て何?
  • スポンサードリンク
  • みんパゴ!クラブ

    メンバーログイン

    ログインメールアドレス
    パスワードを忘れた

    登録

  • パーク基礎講座
  • スポンサードリンク
  • みんパゴSHOP
  • 質問箱
  • みんパゴへの情報提供
  • パートナーコース
  • ルール問答集
  • PGCL