HOME  > みんパゴコラム  > パークゴルフクラブの完成度

みんパゴコラム

パークゴルフクラブの完成度

2019年2月14日

ピポットハヤブサ2をオリジナルで制作してもらい、ミズノやホクサンのクラブと打ち比べしているとき、「パークゴルフクラブの性能ってほぼ完成形の域に達しているんだろうな」と感じたというお話です。
 
打ち比べした動画がコチラ↓
 
私は基本的にゴルフのスイングを基にパークゴルフをプレーしています。
パークゴルフ独特の打ち方で十勝打ちというのがありますが、これは、昔のクラブでゴルフ打ちをすると、どうしても右へのフケ球や左への引っ掛けショットが出やすいために、安定したショットを打つ打ち方として考案され、進化したものだと思います。
しかし現在でも大多数のプレーヤーさんは、ゴルフに近い打ち方をしていますし、なんとかゴルフのようなショット、つまり上げ打ちを目指して練習しているプレーヤーさんも多く見受けられます。
特にパークゴルフクラブで上げ打ちをするときはフェース面を開くので、右へのフケ球がより出やすくなります。
 
また、ゴルフでもそうですが、ロフトの立ったクラブほど「つかまり」が悪く右へのフケ球(スライス)が出やすいという特徴があります。
ゴルフの初心者に多いスライスはボールを「つかまえる」スイングがなかなかできないことが原因。
パークゴルフクラブはロフト角が0度なので、ゴルフクラブよりさらに右へのフケ球が出やすい構造になっています。
 
※つかまりがいいとは、ゴルフでもパークゴルフでもスイングをするときは真っすぐ後ろからボールを打つのではなく斜め後ろからヘッドが入ってきてボールを捉えます。
そのため、その斜め方向の飛行線方向にボールは飛んでいこうとします。(右利きのひとは右方向ですね)それを目標方向までフェースにボールを乗せる(捕まえる)ようにショットを打つことを「ボールをつかまえる」といいます。
つかまりのいいショットはパワーがしっかりボールに伝わるので、飛距離が伸びる、芝の抵抗に負けないショットになります。
 
さて、話をクラブの完成度のほうに戻してまとめに入りましょう。
 
この話の続きはこちら↓

コメント

コメントを書く

コメントの投稿には「みんパゴ!クラブ」へのログインが必要です。

コラム一覧に戻る

スポンサードリンク
  • みんパゴ!て何?
  • スポンサードリンク
  • みんパゴ!クラブ

    メンバーログイン

    ログインメールアドレス
    パスワードを忘れた

    登録

  • パーク基礎講座
  • スポンサードリンク
  • みんパゴSHOP
  • 質問箱
  • みんパゴへの情報提供
  • パートナーコース
  • ルール問答集