HOME  > みんパゴコラム  > ひがしかぐらスリードームでプレーしてきました。

みんパゴコラム

ひがしかぐらスリードームでプレーしてきました。

2019年2月17日

ひがしかぐら森林公園スリードームでプレーしてきました。
 
プレーしてきたといってもAコースの9ホールだけですが
ひがしかぐらスリードームは冬季のみ営業する室内のパークゴルフコース、室内コースとして36ホールを擁する日本最大の室内コースです。
場所は北海道上川郡東神楽町(旭川市の隣町)のひがしかぐら森林公園になります。
東神楽町の公営コースになりますが、森林公園の指定管理者である(有)ブルーメンさんがパークゴルフに力を入れており、シーズン中に営業している45ホールのコースと合わせて上川管内でも人気の高いコースになっています。
 
毎年、ツルハパークゴルフ健康大会旭川大会が開催されるコースでもあります。
夏の本コースは芝が見事ですよ。
 
さて、Aコースのみのプレーとなりましたが、プレーをした感想としては
まあ冬の室内コースといえば♪もうどうにもとまらない♪ と思わず山本リンダの歌が脳裏をよぎるくらい転がります。
もうどこまで転がるの~ いつ止まるの~ という感じ
言い忘れましたが、このコースはマイティーでプレーするコースです。
スリードームは天然芝と人工芝を組み合わせてホールを構成しています。
映像で確認してくださいね。
芝の部分と人工芝の部分でまったく転がりが変わります。
グリーン部分はほとんどが人工芝なので、地面の傾斜、アンジュレーションがそのまま
転がりに反映します。
つまり、傾斜では止まりません。 下まで落ちてきます。
それと、人工芝と天然芝の微妙な段差とかがショットに影響します。
室内ですから基本、距離が短いので、生5はそうそうたたかないと思いますが、パットを外すと
無慈悲な往復びんたで無残なスコアになることもありそう。
Aコースだけなので他のコースはわかりませんが、基本的にOBはそんなに出ないレイアウトでした。
平均的なスコアがどの程度かわかりませんが、100を大幅に切るようなスコアはそうそうでないような気がします。
プレー中は悲鳴、ボヤキ、歓声などが響きわたっていました。
 
まあ~皆さん室内独特の難しさに振り回されつつ、冬季間のパークゴルフを思い切り楽しんでいるコースということですね。
 
 
ひがしかぐらスリードームの動画はみんパゴチャンネルで!

コメント

コメントを書く

コメントの投稿には「みんパゴ!クラブ」へのログインが必要です。

コラム一覧に戻る

スポンサードリンク
  • みんパゴ!て何?
  • スポンサードリンク
  • みんパゴ!クラブ

    メンバーログイン

    ログインメールアドレス
    パスワードを忘れた

    登録

  • パーク基礎講座
  • スポンサードリンク
  • みんパゴSHOP
  • 質問箱
  • みんパゴへの情報提供
  • パートナーコース
  • ルール問答集
  • PGCL