ルール問答集~失格

2020年2月28日更新

競技会で、3人でプレーしていたが、1人が失格扱いとなってしまった。この状況で、競技委員に報告せず、ホールアウトした。この場合の対処方法はどうしたら良いでしょうか?ルールブック、大会基本要綱にも、この問題は、触れていません。
【失格に関して】
  • 失格の罰則は、非常に厳しい判定ですので、判定は競技委員に委ねるべきで、周りから言われたから失格にするということにはなりません。
  • 途中からの2名でのプレーに関しては、ルールブックには4人以下で回るようになっていて、2名で回ることは禁止していません。
しかし、不正防止等を含め3人以上のプレーが望ましいとしています。
突発的に2人になった場合は、競技役員の補充を得てプレー続行するか、2人組になってしまった前後の組の4人パーティーから1人を2人のグループに入れて3人でプレーするようにしましょう。
A3ホールのティーショットをして、隣のコースのA8ホールにカップインした。間違いに気づき再度ティショットして、正規のA3ホールにカップインさせた。この場合の処置は?
練習ストロークとなり、ペナルティ。 練習ストロークは新ルールで失格からペナルティに変更されました。
ロングホールでティショットがラフの深い所に打ち込み探しても見つからないので、紛失したと思い別のボールで2打目を打った。数メートル先でボールがあったので、そのボールを打ち直した。この場合の処置は?
紛失球の処理をしてストローク後にボールが見つかっても紛失球として処理したので見つかったボールで打ち直した場合、練習ストロークとなりペナルティーになる。旧ルールでは練習プレーは失格でしたが新ルールではペナルティに変更されました。
マイティだと言って3㌢の高さのあるティーを使ってティーショットした。
NPGA認定品以外を使用することはできない。ティーの高さは23ミリ以下と決められています。この場合、失格となります。
クラブソールに鉛を貼った
クラブの改造で失格
打球面に透明の保護シートを貼った。
クラブの改造で失格
グリップに手の位置を決めるための加工(削り)をした。
クラブの改造で失格
打球面を測定器具の平らな面に押しつけると、グリップ側のシャフトが下がっている(グリップがついてしまう)
ロフト角があるとみなされ、違反クラブで大会に使用した場合は、競技失格となる。
クラブの打球面に、爪に塗るマニキュアを塗ることは改造か?
個人でクラブを加工することはできません。まして、打球面は、一切加工する事は認めていません。マニキュアを塗ることは「改造」と見なされ失格となります。

ルール問答集

スタート前 ティーグランド アドレス ストローク 動かされたボール 誤球 不正打ち フェアウェー ラフ グリーン バンカー ウォーターハザード カジュアルウォーター 植栽 障害物 OB 修理地 ボールマーカー 紛失球 スロープレー 用具 練習ストローク 失格