ルール問答集~練習ストローク

2020年2月28日更新

ホールアウトし、次のティグランドへ移動中に、ボールについた枯草を取り除こうとして、草むらでボールを転がしたら同伴者から「ペナルティ」だと云われた。
練習ストロークではないので、ペナルティになりません。ただし、紛らわしい行為はしないほうが望ましいでしょう。
競技大会で、指定練習グリーン以外の練習は禁止されているのに、ティーグランド近くでパッティングの練習の為、ボールを打った。
競技大会により、処分は変わりますが、ペナルティになることもありますので、注意してください。
ロングホールでティーショットがラフの深い所に打ち込み探しても見つからないので、紛失したと思い別のボールで2打目を打った。数メートル先でボールがあったので、そのボールを打ち直した。この場合の処置は?
紛失球の処理をしてストローク後にボールが見つかっても紛失球として処理したので見つかったボールで打ち直した場合、練習ストロークとなりペナルティになります。
競技前に大会で使用していないコースにて練習をしている人がいました。大会当日の練習の取り決めについて、今後の大会運営でどのようにしたら良いか教えてください。
大会当日の練習については、大会の主催者側に権限が一任されています。練習を可能にするか不可にするかは事前に大会要項で通達するか又は、競技説明の中で説明することが求められます。

ルール問答集

スタート前 ティーグランド アドレス ストローク 動かされたボール 誤球 不正打ち フェアウェー ラフ グリーン バンカー ウォーターハザード カジュアルウォーター 植栽 障害物 OB 修理地 ボールマーカー 紛失球 スロープレー 用具 練習ストローク 失格