【パークゴルフ コース研究】えべつ角山パークランド「ななかまどBコース」2番

【パークゴルフ コース研究】えべつ角山パークランド「ななかまどBコース」2番

【みんパゴチャンネル】えべつ角山パークランド「ななかまどBコース」2番

 

軽い右ドッグレッグ、ピン方向を狙うには立木の右サイドをしっかり上げ球で!

素直にフェアウェーを通して、打つ、寄せる、入れる、の3点狙いができればいいのですが、このホールはカップの位置が手前から下りになるので、寄せがとても難しいホールだと思います。

距離が75mと長く、強めのティーショットが求められます。

ピン方向へ打っていく場合は、ラフの距離が長いので、しっかり上げ球でラフを跳ねさせる必要があります。

ティーショットを正確に狙い通りの方向へ打っていくことがとても重要で、リキんで引っ掛け、右へのフケ球などが出てしまうと、1打確実に損をすることを覚悟した方がよさそうです。

このホールは、ほぼ真っすぐのフェアウェーとグリーン手前から右に若干曲がるドッグレッグで、このようなレイアウトのホールは、1打目をラフに入れると、2打目の寄せで、長い距離のラフを通さないとピン方向へ打っていけなくなるケースが多く、左右どちらのラフでも寄せが難しくなります。

しかも、ピン位置が手前から下りになるので、ちょっとでも強いとグリーンオーバーの難しい返しのパットまたは寄せが残り、手前でも下りのパットが残り、簡単には攻略させないぞ、というコース側の意図が感じられます。

1打目をラフに入れてしまった場合は、ラフに止まった位置にもよりますが、ピンまでのラフの距離が長い場合は、グリーンの端でもいいので、無理をせずグリーンの範囲に残るようなショットを打つ、ラフからの脱出を優先する選択をした方がケガは少ないと思います。

 

「ななかまどBコース」2番、1球目のプレー

ティーショットは転がしでラフを突っ切っていけるか? ということでラフを果敢に狙っていきました。

普段、ラフ狙いは上げ球で打つので、強さ加減が分からないのですが、カンを頼りに打ってみました。

まあ~動画を見ていただいた通りに、立ち木を越えることなく、あっさりラフにつかまるわけですが・・・・

全長75mのホールで、残り30m以上あるラフにつかまりました。

ピン方向を狙うには、距離のあるラフを越えていく必要があります。

ということで、狙いとしては、2球目に打った黄色いキャロウェイのボールが止まっている方向に打っていこうと考えました。

が、思い切り左に引っ掛けてしまうというミスショット、ダフリのミスをおかしてしまいました。

↓ご覧の通りです↓

 

止まったところがこの位置です。

パットに自信のある方なら、入れていけるかな~?というところです。

私の場合は入ったら超ラッキーな感じですね。

パットは、まずまずいい感じのタッチでカップに寄せることができて、なんとかナマ5を回避、4点あがりとなりました。

 

「ななかまどBコース」2番、2球目のプレー

2球目は上げ球で立木の右サイドを狙い、ラフを何とか突っ切るために、1球目より強めのショットを打ってみました。

 

実際は、若干TOP気味に入り、狙った高さにはなっていません、また、狙いより左に飛んでいき、立ち木に当たりそうな方向になっています。

ちょっとヒヤっとしたのですが、なんとか立ち木の右サイドギリギリを抜けて、ラフを越え、グリーンの手前のフェアウェーに止まりました。

ということで、ティーショットは結果オーライの成功です。

やはり、ラフではなく、綺麗なフェアウェーからピンを狙えるというのは、カップインの確率が高くなります。

今回のパットも、「入った!」と思ったのですが、カップに嫌われ、縁をなめて止まる結果に、これは、下りパットの時によくあることで、カップギリギリの場合、上りなら入ることが多く、下りの場合、今回のように、「くるりん」とカップに蹴られることが多くなります。

短い下りのパットでも、距離を合わせて打って、カップの縁ギリギリになった場合、蹴られったという経験は皆さんあると思います。

下りのパットはピンに当てにいく方がカップインの確立は高いような気がします。

といっても、オーバーが怖いので、なかなかピンに当てに行くパットは度胸がいります。

その辺は経験値の差が出る部分でしょうね。

 

結果、2球目はラク3で上がることができました。

今回、2球とも右サイド狙いでしたので、左サイドからの攻略も機会があれば、実際にプレーしてみたいと思います。

 

攻略メモ

・ピン方向狙いは、上げ球で、しっかりした距離を打たないとラフに捕まる。

・カップ位置は奥に向かって下り、打ちすぎに注意

・左右のラフに捕まった場合は、ラフからの脱出を優先する。

 

今回の2球目のように1打目が成功した場合は2点もあります。
ラフに捕まった場合は4点を覚悟して無理に攻略するのは避けた方が得策だと思いました。

 

今回使用しているクラブとボールのご紹介↓

 

コメント