【パークゴルフ コース研究】えべつ角山パークランド「ななかまどBコース4番」

えべつ角山パークランド「ななかまどBコース4番」をまとめてみました。

参考になれば幸いです。

【みんパゴチャンネル】えべつ角山パークランド「ななかまどBコース」4番

フェアウェー右サイドのギリギリ狙いが成功すればチャンス

全長55m、グリーン手前、約10mくらいのところから右へ軽く折れるドッグレッグのホールです。

フェアウェーの右サイドをギリギリ通していけば、なんとかグリーンの左サイドへ乗せることができます。

Google Map

グリーンはお饅頭形状で右サイドのバンカーへ向かってきつめの下りになっています。

距離が55mなので、ラフを越えてグリーンオンを狙うには、なんというか手頃の距離とでも言いますか、上げ打ちする人にはちょうどいい距離感だと思いますので、狙っていきたくなるホールでしょうね。

1球目のプレー「転がし」

今回のピン位置が右手前、なんとかグリーンの端にでも、乗せることができればOKということで、ティショットの狙い目はフェアウェー右サイドギリギリ狙いです。

実際は、若干右ラフにかかる感じのショットになりましたが、軽く跳ねる感じで転がっていきましたので影響もなく、グリーンの左端、少しだけラフに入ったところに止まりました。

この日は、この様な位置からのパットがよく決まっていました。

このホールも綺麗にパットが決まり2点あがり、距離のあるパットが決まるのは気持ちがいいものです。

気分よく2球目のラフからの寄せに行きましたが・・・・

2球目のプレー「上げ球」

2球目のティショットですが、55mの距離を上げ球で打つ場合、高さを出して打っていける距離で、かつ大振りする必要もない距離ということで、手頃の距離だと思います。

ピンを狙っていける距離のホールですね。

実際はグリーン手前のラフに止まる結果になりましたが、まずまずのショットだと思います。

悲惨なのは、2打目の寄せ、1球目のラフからのパットが気持ちよく決まり、同じ打ち方、ラフの転がりを良くする打ち方で行けると思ったのですが、ラフが思いのほか重たく、また足跡などの影響でうまく転がせずグリーンに届かない結果になりました。

低いロブ系の寄せを使う場面でしたが、パットで入れに行く判断をしたのが失敗の原因、状況判断のミスですね。

3打目のパットも簡単に打ってしまいカップインならず、ティショットがまずまずよかったのですが、結局は4点あがりとなってしまいました。

ラフの深さを確認しないで、簡単にパットを打っていますので、雑なプレーをしているということですね。

反省です。

 

 

 

コメント