【パークゴルフ コース研究】えべつ角山パークランド「ななかまどBコース7番」

えべつ角山パークランド「ななかまどBコース7番」のコース研修です。

 

38mの難関ホール!

正面にバンカー、狙い目に立木、右サイドがOB、グリーン奥が下り

38mと短いホールですが、非常に難しいホールという感想です。

まず、グリーンを塞ぐようにバンカーが配置されていますし、

バンカーを避けるコースには立木があります。

正面にあるバンカーを強引に通すショットも考えましたが、

右サイドがOB、強く打ちすぎてバンカーの影響で右にはじかれるとほぼOBになりそう。

どこを狙っていけば安全なのか正直わかりませんでした。

 

1球目のプレー「転がし」

フェアウェーも左サイドギリギリを通せばバンカーにかからないと判断してラフを避けてティショットを打ちました。

狙い通りのショットでしたが、バンカーの縁、傾斜によって右にはじかれグリーン右のラフに止まりました。

OBにならずラッキー、ラフからですがパットで狙っていける場所でしたので結果オーライです。

長いパットも決まり、2点あがりができました。

このパットは「どや!」顔したくなるくらいうまく決まりましたね。

 

2球目のプレー「上げ球」

右サイドへ流れていった1球目を見て、思い切り左サイドへ、立木の左へティショットを打っていきました。

ラフは立木から左傾斜があり、思いのほか左へ転がり、距離も足りませんでした。

ラフからの寄せショットも弱く、グリーンの傾斜で左へ流れていき、グリーンサイドのラフに止まり、長いパットが残る結果に。

「えええ~そこまで落ちて行っちゃうの~」というくらい思い切り落ちていきましたね~

何とか入れたいと強気で返しのパットを打ちましたが、ショートして4点あがりとなりました。

 

攻略まとめ

・正面のバンカーはトラブルになりそうなので避ける方が無難。

・立木の左サイド狙いならグリーンオーバーさせても上りパットが残る。

・転がしなら立ち木の右ラフを狙ってラフを越えることができればOK

※ティショットで確実にピンに寄せるのが難しいと思いますので、短いホールですが2打目勝負のホールだと思います。

今回の1球目はかなりラッキーでした。

 

 

プレーの参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

コメント