【パークゴルフ ルールQ&A】バンカー

パークゴルフ ルールQ&A【バンカー】

ゴルフ経験のある方がパークゴルフのルールで迷うことが多いのがバンカーではないでしょうか。
バンカーの処置について、よく質問されるルールについてまとめてみましたので、参考にしてください。


2人のボールがバンカー内に!マークをしてもらい打ったら、砂と一緒にマーカーが飛んでしまった。どう処理したら良いですか?

 

ノーペナで、掘られた砂を初めのライとほぼ同様に復元して、ボールマーカーもあったと思われる場所に戻すことができます。

 


バンカーショットの際、フォロースルーのときにもう一度クラブにあたった。

 

2度打ちの不正打ちになります。

2打を付加して、ボールの止まった位置からプレーを再開します。


バンカーにボールが入った。みると、足跡の中にスッポリボールが入っている。前の組がならして行かなかったのが悪いので足跡をならしてそこにボールを置いて打った。

 

この場合、ライの改善になり、ペナルティになります。

そのままの状態で打たなければなりません。

マナーとしてバンカーショットの後には、キチンとバンカーをならして出るのが当然ですが、最近はならされていない、放置されているのを見かけることが多いかもしれませんね。

率先してバンカーショットの後、バンカー内をならすことを実行していきたいものです。


バンカーのそばにあったバンカーならしに接触していたボール。バンカーならしを取り除こうとしたら、ボールが転がってバンカーに入った。

 

バンカーならしは、動かせる障害物です。

取り除くときに動いた場合は、ノーペナで、元に戻すことができます。


バンカー内でアドレス、バックスイングの際にクラブが砂に触れてしまった。ゴルフでは触れられないと聞いたのですが・・・?

 

ゴルフと違い、パークゴルフの場合、砂面に触れてもペナルティーはありません。

ただし、強く押しつけてアドレスをした場合、ライの改善になる可能性があります。

この場合はペナルティとなりますので注意しましょう。


バンカー内の水たまりの中に、ボールが入ってしまった。

 

バンカー内のカジュアルウォーターの救済方法は下記の2つ。

1.バンカー内にプレースできるところがあればカップに近づかず、ボールのあった位置に出来るだけ近いバンカー内にプレース。

2..バンカー内にプレースする場所がない場合、カップに近づかず、ボールのあった位置に出来るだけ近いバンカー外にプレース。


同伴者のバンカーショットの為に、砂をかぶってしまった自分のボール。どうしたら良いの?

 

ノーペナで、かぶった砂を取り除き、公正の理念に従って初めのライとほぼ同様に復元することができます。


バンカーに2人のボールが入ったが、どちらが誰のボールか判らない。ボールの1部の砂を取り除いて確認した。

 

誤球を防ぐために、最小限の砂を取り除くためにボールを触る事は許されます。

この時、ライの改善にならないよう注意して取り除きましょう。


バンカーの中のボールのすぐ後ろに「松かさ」があったので取り除いた。

 

バンカー内でも動かせる障害物を取り除くことができます。

松かさも、動かせる障害物ですので、取り除いてもノーペナです。

(枯葉、枯れ枝、小石、虫の死骸等も動かせる障害物で取り除けます)


パークゴルフとゴルフのルールの違いで一番違うのは、バンカーでもアドレスでクラブを地面につけてもOKという部分でしょうか、また、バンカー内の障害物を取り除く時に、ゴルフの場合、バンカーレーキがボールに触れていて、レーキを取り除いたときにボールが動いてもノーペナですが、枯れ葉とかを取り除く時にボールが動いた場合はペナルティーが付くなど、複雑な部分があります。

パークゴルフの場合、バンカー内で動かせる障害物を取り除いてボールが動いてもノーペナで元あった場所に戻せばOKですので、パークゴルフのほうがプレーヤーに優しいルールになっている部分が多いのですが、動かせない障害物に関するルールだけは、パークゴルフの方が厳しいルールになっているのは、なぜ何だろうと疑問に思っている今日この頃です。

今度、ゴルフとパークゴルフのルール比較でもしてみようと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


コメント