【宮城県】高森パークゴルフ場体験記VOL③たかもりA-8~9


宮城県登米市にオープンした本格的54ホールのパークゴルフ場

高森パークゴルフ場を訪問してきました。(2019年6月)

地元のみんパゴクラブメンバーさんに案内してもらい、

丘陵に作られた、難易度の高いパークゴルフコース

伸びた芝、斜面に翻弄されながらも楽しくプレーをさせてもらいました。

今回紹介するコースは、たかもりAコース8番と9番

動画はBコース2番までになります。

高森パークゴルフ場VOL3たかもりAコース8番からBコース2番まで

たかもりAコース8番30m お饅頭マウンドのフェアウェー

写真を見てもらうとわかると思いますが、30mの短い距離ながら、お饅頭形状のマウンドがグリーン手前にあるホールになります。

ティショットの方向によって左右にボールが振られるので、30mですけど慎重にショットを打つことが求められます。

たかもりAコース8番を実際にプレーしてみて

ティショットは転がし、できるだけ正確な方向性で打っていこうと考えました。

マウンドの先の傾斜が分からないので、ピン方向に転がるかどうかは運しだいですね!

結果的にピン方向に転がっていき、少しだけグリーンをオーバーした所に止まる結果に。

ラフからのパットは、ピン右に外して3点でホールアウトとなりました。

ラフの芝が長く伸びている状況なので、しっかり芯でとらえるパットを打たないと2度打ちや大きくショートする場合があるので、動画の見た目より気を使ってパット打っています。

 

たかもりAコース9番39m 捻じれたフェアウェー!

たかもりAコース最終9番ホール、距離39mで左右に捻じれるフェアウェーが特徴的です。

距離は39mと短めなので、グリーンに乗せたいところですが、グリーン手前のきつい右傾斜がコースの難易度を高めています。

たかもりAコース9番を実際にプレーしてみて

簡単にワンオンはさせてもらえません。

右傾斜を読んで左サイドから転がしていくと、グリーンに向かって下り傾斜になるので、グリーンオーバー、奥のバンカーに入る確率が高いようです。

センター方向で行くと右ラフにボールは振られます。

私のティーショットはできるだけ傾斜の影響を受けないよう上げ球、バウンドさせるイメージでティショットを打ってみました。

1打目はグリーン右サイトのラフに止まる結果になりました。

この時、ディボットというかラフの芝が薄いところに止まってしまい、ショットが打ちにくい状況、2打目はかぶせ打ちでラフからのパットになりました。

かぶせ打ちのパットは距離感がよくわからなく、長い芝の影響もあるので、強めのショット、ピンオーバーとなり、返しのパットもわずかにショートしたため、4点でホールアウトとなりました。

 

たかもりAコースの感想ですが、とにかくアンジュレーションがきつく、真っすぐ転がってくれるホールがほとんどないコースでした。

平坦な地面にマウンドによるうねりが作られ、総距離500mと最大距離のコース、難易度が非常に高いコースという印象!

TOPプレーヤー!かかってこいや~ というコースでしょうかね!

 

次回、Bコース1番2番を解説します。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございます!

 

 

 

コメント