えべつ角山 しらかばAコース6番・7番体験記

 


えべつ角山しらかばAコース6番・7番プレー&コース紹介

こんにちは!

えべつ角山パークランド、しらかばAコース6番ホールと7番ホールのプレー&コース解説をしていこうと思います。

撮影は2019年5月末に撮影したものになります!

しらかばAコース6番・66mストレートのホール

しらかばAコース6番は66mと中距離のストレートホールになります。

フェアウェーは若干うねりがあるように見えますが、大きくボールが曲がることはないようです。

グリーンが右へ大きく広がっているので、グリーンセンター狙いだとラフに絡む確率が高く、グリーンの左サイドにオンすればOKという感じでしょうか。

 

しらかばAコース6番のプレー解説

実際のプレーでは、フェアウェーがうねって見えたので、グリーン手前から左方向へボールが切れると読んで、ピン方向へティショット!

ボールは狙い通りでしたが、グリーン手前から左へ切れず、真っすぐ転がり、グリーン手前のラフにかかり止まりました。

芝が長めの短い距離のラフだし! ダフリや芝がヘッドに絡んでしまうとラフから出せず、逆にショットにパンチが入ってしまうとグリーンをオーバーさせてしまうこともある、デリケートなアプローチが残りました。

2打目は何というか、若干抜け気味というか、インパクトが中途半端というか、しっかりボールをとらえていないショットになりましたが、まずまずの位置まで寄せることができたので、3打でホールアウトとなりました。

 

しらかばAコース7番・37mストレートホール

しらかばAコース7番は、37mの短めのストレートホールです。

左サイドにマウンドがあるので、右へ若干切れていくことから、フェアウェー左サイドが狙い目となります。

グリーン右奥にバンカー、その先はOBとなっており、またグリーンに向かって下っているので、オーバーに要注意です。

 

しらかばAコース7番のプレー解説

実際のプレーですが、37mの距離感でショット!のつもりが、

下りを見逃している、さらに左サイドのマウンドの傾斜を使って右へ切れる際マウンドの下りも加わりグリーンを大オーバー!

奥のバンカーに助けられてOBにならずに済みました。

まあ~奥のバンカーも見逃していたのですが!

バンカーからの2打目!寄せのショットでは、バンカーのエッジが綺麗に立っていたので、ボールが上に跳ねると予想して強めのショット。

実際に大きく跳ねあがったのですが、落ちてからボールは止まらず、ピンをこれまた大オーバー!

撮影中のカメラが倒れるアクシデントもあり、集中力なくし2パットの4点でホールアウトとなりました。

 

37mの短い距離でも、ミスがあれば4点になる!

これがパークゴルフやゴルフのようなスポーツの「あるある」です。

ショット前のコースの把握とマネジメント、これが大切です!

 

ということで!

最後までお読みいただきありがとうございます。

では、また!

 

 

 

コメント