パッシブトルクを意識してパークゴルフの練習

❝パッシブトルクとは、トップでクラブを背中側に倒すような動きをすることにより、発生するトルク(ねじれ)のこと。 

それにより、ダウンからインパクトにかけてクラブが立ち、スクェアにボールをとらえることができる。 … 

この動作、とくにトップでシャフトがクロスしてしまう(ターゲットラインより右をクラブが向く)人にオススメだという。❞

≪引用元:ゴルフダイジェストオンラインより≫

 

ゴルフで話題になった

パッシブトルクを意識した

ショット練習です。

 

ゴルフでは、飛距離を伸ばす

ためのスイングということで

いろいろと調べていると、

パークゴルフのヘッドバランスは

フェースバランスですので、

パッシブトルクは発生しない?

のではないか疑惑が出てきました!

 

とは言え!

 

この練習をすると、

ヘッドの重さをしっかり意識しますので、

スイングのタメを作りやすく

スイングのタイミングも取りやすくなります。

 

 

パークゴルフでは、フルショットを

使う機会は少ないとは思いますが、

参考になればな~と思います。

 

 

 

 

コメント