パークゴルフ:ロブショットでコース攻略!マウンド越え編

 

傾斜の影響を避けるためのロブショット

プレイヤー:千歳市パークゴルフ協会指導員 小松 貴 氏

パークゴルフのティショットでロブショットが有効なのは

ラフを直接通すことで、フェアウェーのレイアウトを無視して

直接ピン方向にショットを打っていけることです。

 

 

それと、障害物の上を通すことができるので、

障害物を避けた方向に狙う必要が無く、

自由に狙う方向を決めることが出来ることです。

 

 

今回は、左サイドにあるマウンドを超える

ロブショットのティーショットになります。

コースは55メートルの真直ぐのコースですが、

ティグランドから20m先の左サイドに大きなマウンドあり、

キツイ右傾斜になっています。

 

 

通常のショットでは、

左マウンドの影響をもろに受けてしまい、

右サイドにボールが転がって行ってしまいます。

そこで、マウンドの上を越して、

直接ピン方向にティーショットを狙ってもらいました。

 

 

結果、ピン手前1mにティーショットを付けることに成功!

ここまで1打目で寄せることが出来れば

2打上がりの可能性が一気に高くなりますね。