パークゴルフ テクニック【パークゴルフの打ち方、グリーン周り、ラフからのアプローチ】

パークゴルフ テクニック【グリーン周り・ラフからのアプローチ】

 

パークゴルフには様々なショットの打ち方があります。

グリーン周りでラフから短い距離をアプローチする時、

「かぶせ打ち」と「すくい打ち」というテクニックを使います。

 

ボールがラフに浮いている場合は

「すくい打ち」、

ラフに沈みこんでいる場合は

「かぶせ打ち」が基本だと思います。

 

「かぶせ打ち」は比較的簡単なのですが、

「すくい打ち」が苦手という方に、

ロブショットの打ち方を応用して

簡単に浮かせることが出来るショットをご紹介します。

 

ベテランの方は「すくい打ち」といって

簡単そうに打つのですが、

私はどうにも上手く打てません、

私にとっては一番難しいショットが

この「すくい打ち」です。

 

ラフに僅かに浮いているボールを

下からすくうように打つわけですから、

クラブヘッドが構えた所にほぼ完ぺきに

戻ってこないといけない訳です。

 

実際にやってみると、ダフったり、

すくいすぎてトップしたりと、非常に難しい。

ということで、ロブショットの構えから、

芝の上をクラブを滑らせるように

斜めからカット気味に打つショットで

「すくい打ち」と同じようなショットが

打てるので動画にしてみました。

 

コツをつかむと「すくい打ち」より

簡単でミスも少ないと思います。

 

このテクニックの関連動画

 

コメント