トップする原因はフォロースルーのすくい上げ

  • by

パークゴルフ初心者向けレッスン

ボールの頭を叩いてしまうトップ対策

さあ~ピンそば狙って打つぞ!と気合十分のティーショットでトップが出たら!
あああ~やっちまった~ とがっかりです。

ベテランさんがトップのミスをすることは、そうそうありませんが、
パークゴルフを始めて間もない初心者さんでは、空振りは、さすがにもうしなくとも、
ボールを頭を叩いてしまうトップボールはまあ~まあ~あるのではないでしょうか。

スイングフォームが固まっていない初心者さんに多いミス

トップボールが出る原因はスイング軌道が極度のすくい打ち軌道になっていること。
これは、インパクトの時に上体が起き上がりクラブを上方向にすくい上げる動きをしてしまうことに原因があります。

初心者向けのレッスンをするようになってわかったことですが、
スイングの基本として振り子運動のスイングを、初心者さんにレッスンで指導している中で、経験のない初心者さんには、これがなかなか難しいようで、円弧を描くスイングがうまくできないという人が意外と多いのです。

特に、スポーツ経験の少ない方にとっては、パークゴルフのクラブは重たく、特に女性にとっては、
スイングすること自体が難しい、クラブを振るということがなかなかできないんですね。
どうやら、クラブを振る意識より、ボールを打つ意識が強くスイング中にクラブを振り上げて上体が起き上がってしまっているような感じがします。

そこで、バックスイングでもフォロースルーでも上体が起き上がりにくいクローズドスタンスです。
このスタンスでショットを打つプレーヤーも多いと思いますが、低く長いフォロースルーがしやすいのが特徴です。

デメリットとしては、目標方向に対して右に打ち出してしまいやすくなるので、目標方向の確認、目標方向に対して真っすぐ後ろに向かってバックスイングをすることをしっかり意識してスイングをすることが大切になります。

この練習で、上体がフォロースルーまで起き上がらないスイングのコツをつかんでもらえれば、スタンスを戻して振り子のスイングができるようになると思います。
スイングフォームが固まってくれば、そうそうトップボールを打つことはなくなるでしょう。

また、クローズドスタンスはつま先下がりの斜面でも有効に使える方法なので、お試しください。

初心者向けパークゴルフレッスン受付中

札幌市の山の手ゴルフセンターにて初心者向けのパークゴルフレッスンを実施しています。
レッスンは有料で事前に予約が必要です。
予約は、みんパゴ管理人(有)アドメリー西條まで
電話011-215-1502(平日10:00~17:30まで受付)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)