パークゴルフの特殊テクニック・抜きロブ

  • by

パークゴルフテクニック抜きロブを特訓する。

そんなショット意味があるの?
と、みんパゴチャンネルのコメントに書かれることもあるロブショット
そういわれると、その通りかもしれないですけどね~
ただ、多くの人が打ちたいと思うショットでもありますので、お付き合いください。
このブログ記事は練習のメモとして書いておきます。

ロブは自動車でいうところのドリフトみたいなもの

良いスコアを目指すなら、転がしとライナーの方が効率が良い、
これは間違いないと思います。
ただ、ロブショットは自動車のドリフト走法みたいなもので、
速さとは別の車をコントロールする楽しみ、みたいに、
スコアとは別の、ショットをコントロールする楽しみ方として、
綺麗に上がる、狙い通りの攻略ができた、
パークゴルフのロブショットはそんな魅力があります。

ゴルフのロブショットとほぼ同じスイング

今回練習している抜きロブですが、
スイング、グリップもほぼゴルフに近いスイングをしています。
特に、コックという手首の使い方がゴルフと同じ使い方をするので
グリップもゴルフクラブを握るように握っています。
動画のスローモーションの時、グリップを注意してみてください。

方向性が狂いやすい

手首のコックを積極的に使うため、方向性が不安定になりやすいところがあります。
特に、手首の返し方が少しでも早くなると、左へ引っ掛けます。
また、手首の返しが遅れると右へのフケ球になります。
ジャストタイミングで手首のコックが返るように打てないと、狙った方向にボールが飛んでいかないという、かなりシビアなスイングになります。

抜きロブの抜くとは?

抜く、とは、インパクトの時にスイングの力がボールに伝わるのを抜く、
ということです。
つまり、抜きロブとは、ミスヒットを故意に起こす打ち方になります。

正確なアドレスとスイングが求められる

方向性をコントロールするために、フェースの芯で打つ必要があるのですが、
芯でとらえるとボールに力が伝わりすぎて、ランが伸びてしまうので、
そこで、スイングを左側に抜いていき、力の伝わりを抑えてしまいます。
キャリー(ノーバウンドで飛ぶ)を稼ぐために、スイングをしっかりするのですが、
芝にボールが落ちてから転がりを抑えるために、角度のある上げ球で、かつボールが落ちてから芝の抵抗に負ける力のないショット。
転がしでも、芯を外したショットが芝の抵抗に負けてすぐに止まるように、ロブショットで方向性良く高くボールを上げるために、しっかりスイングでかつ、芯でボールを捉えるけど、芯を外したミスヒットのショットにする。というなんとも面倒な仕組みと正確なスイングが求められるショットなので、アドレスとスイングプレーンが正確であることがとても重要になります。

スイングの再現性がカギ

ボールの置き位置が少しずれるだけで、方向性がものすごく悪くなるので、正確にアドレスして正確にスイングすることが本当に重要、そのアドレスやボールの置き位置をしっかり把握、スイングもバックスイングも正しく、力加減も一定にと、本当にめんどくさいくらい、正しくスイングを再現することが求められる。

とまあ~こんな感じです。
出来なくても問題ないけど、できると楽しみが増える、
ということで抜きロブをしばらく練習しようと思います。

では、最後までお付き合いいただきありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)